医療法人社団 爽治会(そうじかい)

ノンステロイド中医薬アトピー皮膚炎治療(自由診療)

イワサキクリニック大阪・イワサキクリニック東京・出雲医院・国沢内科医院

Q&A

  • Q1
    ノンステロイド中医薬治療料金はいくらぐらいかかりますか?
    A1

    保険診療では、患者さんは、費用の一部を負担されるだけですが、
    自由診療では、全額負担となりますので、多少割高にはなります。
    当医院では、症状によっても異なりますが、患者さんが安心して治療していただけますよう、
    できるだけご配慮させていただいておりますのでご安心ください。

    【ノンステロイド中医薬治療料金の目安】 ※あくまでも目安ですので症状によって異なります。

    内服薬 1週間3000円〜4000円前後(一般成人の場合)
    外用薬 2000〜5、6000円(標準サイズ)の数種類の外用薬が用意されており、
    症状によって数種類処方させていただきます。
    血液検査料 3000円〜4000円
    IgE、TARC、好酸球の数値と副作用チェックのため肝臓、
    腎臓の基本的な検査を行います。
    最近の検査結果をお持ちいただければ、再検査を行ないません。

    この他に、初診料(再診料)、別途必要です。

  • Q2
    本当にステロイドは入っていませんか?
    爽治会で使用されている中医薬を検査機関へ出して
    ステロイドが入っていないという証明をしていただけませんか?
    A2
    ステロイドは一切使用しておりません。
    当院の中医薬は、当院が責任をもって調合しておりますので、
    途中でステロイドが混入される危険はまったくありません。
    例えば、当院が検査機関へ依頼し陰性と証明しても、
    その時だけ入っていないものを検査したのでは?と考える方もいらっしゃるでしょう。
    そのため、検査は当院の関係者以外の方が
    依頼されるのが望ましいと考えております。
  • Q3
    外用薬だけでも良くなりますか?
    A3
    軽症の方、妊娠中の方、授乳中の方、乳児は、外用薬のみの治療となります。
    これ以外の方で中等症以上の方は内服の併用をお勧めしています。
  • Q4
    貴院の治療でアトピー性皮膚炎はどれくらいまで良くなりますか?
    A4
    赤味、かゆみ、痛み、湿疹などを出にくくし、日常生活に支障ない状態まで回復することは可能です。
  • Q5
    中医薬を止めた場合、リバウンドはありますか?
    A5
    リバウンドはありません。
    もしも、赤味、かゆみ、痛み、湿疹などがでた場合、
    その時にまた中医薬の使用を始めていただいても、
    中医薬の効果が落ちることはございません。
  • Q6
    治療期間は、どのくらいの期間ですか?
    A6
    症状、ステロイドの使用期間、ご本人さんの体質によりかなり個人差がございます。
    早い方は、1週間で効果を感じられますが、
    人によってはなかなか感じられない方もいらっしゃいます。
    最低でも3ヶ月以上の治療期間が必要です。

爽治会 各施設のご案内

イワサキクリニック大阪

イワサキクリニック大阪の写真

TEL 06-6201-2525

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町2-2-2

施設の詳細へ
診察予約はこちら

イワサキクリニック東京

イワサキクリニック東京の写真

TEL 03-3256-0055

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2丁目9-5
東園ビル3F

施設の詳細へ
診察予約はこちら

出雲医院

出雲医院の写真

TEL 0853-30-6060

〒693-007
島根県出雲市駅北町5-1

施設の詳細へ
診療予約はお電話下さい

国沢内科医院

国沢内科医院の写真

TEL 0855-53-0324

〒695-0021
島根県江津市都野津町1972-1

施設の詳細へ
診療予約はお電話下さい

このページの先頭へ