医療法人社団 爽治会(そうじかい)

ノンステロイド中医薬アトピー皮膚炎治療(自由診療)

イワサキクリニック大阪・イワサキクリニック東京・出雲医院・国沢内科医院

ステロイド治療との違い

ステロイド治療との違い

一般的なアトピー性皮膚炎の治療法は、
ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)やプロトピック(免疫抑制剤)。
これらのお薬は、一過性の症状を抑えるのに適していて、
主治医の指示通りに適切に使用すれば、
素晴らしい効果をもたらすことが期待できるお薬です。

しかし、ステロイドやプロトピックの長期的使用で
心配されるのが副作用です。
長期的に使用することよって薬が効いてないように感じ、
自己判断で急にお薬を止めてしまい症状が悪化することがあります。

これがいわゆるリバウンドです。
当院に来院されるアトピー患者さんの中には、
ステロイドやプロトピックでのコントロールがうまくいかず、
苦しまれている方を多く見受けます。

ステロイドは、皮膚の部位によって吸収比が違います。
例えば、顔や陰部は他の部位に比べて吸収比が高いです。
吸収しやすい部位は効果も副作用もでやすい場所です。
そのために、塗る部位によって薬を細かく分ける必要があるのです。
塗る場所、塗る薬、塗る回数を自己判断されることが、
副作用の原因の一つになっていることは少なくありません。

必ず主治医の指示に従ってください。
そして、どうしてもステロイドやプロトピックでコントロールできない方、
どうしてもステロイドやプロトピックを使用したくない方、
爽治会の中医薬治療をお試しください。

爽治会の中医薬には、ステロイド(副腎皮質ホルモン剤)や
プロトピック(免疫抑制剤)一切混合しておりません。
生薬を調合して作られた爽治会オリジナルのお薬です。

爽治会の中医薬は、一過性の症状を抑える即効性は、
ステロイドやプロトピックにかないませんが、
長期的に使用して急にやめてもリバウンドのような症状は現われません。
そして塗る場所を選びません。
基本的に全身に使用できるお薬です。
塗る回数も制限はありませんが、塗る回数に比例して治療効果が上がります。

ステロイド&プロトピック外用薬と爽治会中医外用薬の比較

  ステロイド&プロトピック 爽治会中医薬
即効性 あり やや劣る
匂い なし あり
塗布した時の痛み なし 傷があるとしみる
経費 保険診療 3割負担 自費診療 10割負担
塗る部位 部位により薬の指定あり なし
塗る回数 制限あり 制限なし
長期使用の副作用 リスク高 リスク低

爽治会 各施設のご案内

イワサキクリニック大阪

イワサキクリニック大阪の写真

TEL 06-6201-2525

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町2-2-2

施設の詳細へ
診察予約はこちら

イワサキクリニック東京

イワサキクリニック東京の写真

TEL 03-3256-0055

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2丁目9-5
東園ビル3F

施設の詳細へ
診察予約はこちら

出雲医院

出雲医院の写真

TEL 0853-30-6060

〒693-007
島根県出雲市駅北町5-1

施設の詳細へ
診療予約はお電話下さい

国沢内科医院

国沢内科医院の写真

TEL 0855-53-0324

〒695-0021
島根県江津市都野津町1972-1

施設の詳細へ
診療予約はお電話下さい

このページの先頭へ