医療法人社団 爽治会(そうじかい)

ノンステロイド中医薬アトピー皮膚炎治療(自由診療)

イワサキクリニック大阪・イワサキクリニック東京・出雲医院・国沢内科医院

アトピー治療薬

外用薬の効果と使い方の例

爽治会では、数種類の外用薬があります。
ここでは、ほとんどの患者さんに処方される基本的な外用薬の効果と使い方についてご紹介したいと思います。
ただし、症状や体質によって違う外用薬が処方される場合があります。

ローション

効果 : 抗炎症、抗アレルギー、抗菌、抗ウィルス、アトピー、かゆみ止め、にきび、湿疹、乾癬

皮膚に浸透しやすい
即効性があり持続性がない。
かゆみをブロックする効果。

軟膏

効果 : 抗炎症、抗アレルギー、保湿、乾癬、亀裂

皮膚の表面を保護
ゆっくりとした効き目で持続性がある。
保湿効果が高い。
皮膚を修復する効果。

ローションと軟膏では性質が異なります。

たっぷりのローションをしっかり奥深くまで浸透させ、軟膏は薄く膜をはるように塗ります。こうした性質の異なる外用薬をセットで塗ると効果的です。
そしてステロイドやプロトピックのように1日1回塗れば効果がでるものではなく、1日に3セット以上(上限はありません)何度も何度も塗ることによりさらに効果を上げていきます。

このページの先頭へ

健康肌とアトピー肌の違い

健康肌

健康な皮膚状態

  • ①水分の蒸発は表皮が防いでいる。
  • ②表皮の皮脂膜と角質層がしっかり外界からの刺激物(ダニ、ホコリ、細菌、ハウスダスト)をガードする。
  • ③肥満細胞、神経末端も正常な位置にある。

アトピー肌

乾燥性の敏感肌の状態

  • ①水分が蒸発し始めて潤いを失う。
  • ②角質層があれて表皮の隙間から(ダニやほこり、細菌など)さまざまな刺激を受けやすくなる。
  • ③肌が敏感になり、肥満細胞もかゆみを感じる『ヒスタミン』の放出を始める。

アトピー性皮膚炎の状態

  • ①繰り返して皮膚を掻いた結果、表皮は荒れてしまい、かゆみは増悪。
  • ②かゆみを感じる末端神経は、皮膚の上部まで伸びてくる。
  • ③肥満細胞はかゆみ物質『ヒスタミン』をさらに放出する。

このページの先頭へ

爽治会の主な治療薬

内服薬

薬品名 119
効果 抗炎症、抗アレルギー、湿疹、血行循環改善作用、アトピー、にきび
成分 虎杖、土茯苓、野菊、大青葉、夏枯草、白花蛇舌草、当帰
使用上の注意 副作用で下痢になる可能性があります。下痢をされた場合は服用を止めてください。
3時間〜4時間あけて服用してください。

外用薬

薬品名 150
効果 抗炎症、抗アレルギー、抗菌、抗ウィルス、アトピー、かゆみ止め、にきび、湿疹、乾癬
成分 大青葉、黄ごん、虎杖、苦参、甘草、氷片、
当帰より有効成分を抽出しアルコールと混合したもの
使用上の注意 ローションです。容器をよく振ってから患部につけてください。全身に使用できます。
アルコールを使用しているため、患部に傷がある場合多少しみることがありますが、しばらくすると痛みはひきますのでご安心ください。
蒸留水または精製水で2倍〜3倍に薄めてご使用いただくと痛みは少なくなります。
但し、薄めた場合は多少効果が落ちますので塗布回数を増やしてください。
薬品名 159
効果 抗炎症、抗菌、抗ウィルス、皮膚の浸出液、赤み、かゆみ止め
成分 苦参、黄連、黄ごん、百部、石榴皮、七葉一枝花
使用上の注意 全身に使用できます。シャンプーや石鹸としてご使用ください。患部を濡らした後、手で優しく泡立てます。
薬用成分をよく浸透させるためには、泡を5分間程度置いてから洗い流してください。
お化粧をされている方は、メイク落とし等で落としてからご使用ください。
薬品名 161II
効果 抗菌、抗炎症、にきび、アトピー
成分 苦参、甘草、淮山、黄ごん、氷片
使用上の注意 ゼリー状です。全身に使用できます。
赤みの強い部分、ひび割れ、じゅくじゅくした所に使用します。
ニキビや傷、あせもにも効果的です。
薬品名 168
効果 抗炎症、抗アレルギー、保湿、乾癬、亀裂
成分 氷片、虎杖、苦参、大青葉、当帰、白色ワセリン
使用上の注意 軟膏です。保湿作用が高いです。全身に使用できます。(口唇にも使用できます。)
特に、乾燥や亀裂がひどい場所に効果的です。
薬品名 160II
効果 美容
成分 当帰、薏苡仁、甘草、アロエ、米糠、椰子油、薄荷、淮山
使用上の注意 美容液です。
朝晩の洗顔後に顔全体に使用してください。
薬品名 160
効果 美容、抗紫外線、抗アレルギー
成分 甘草、淮山、当帰、アロエ、薏苡油、米糠、椰子油、薄荷
使用上の注意 美容クリームです。
美容液(160II)の後に顔全体に使用してください。
ほてりを感じる場合がありますが、しばらくするとひきますのでご安心ください。

こちらで紹介しているお薬はごく一部です。
患者さんの体質や症状によって掲載されていないお薬も組み合わせて使用します。

爽治会 各施設のご案内

イワサキクリニック大阪

イワサキクリニック大阪の写真

TEL 06-6201-2525

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町2-2-2

施設の詳細へ
診察予約はこちら

イワサキクリニック東京

イワサキクリニック東京の写真

TEL 03-3256-0055

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2丁目9-5
東園ビル3F

施設の詳細へ
診察予約はこちら

出雲医院

出雲医院の写真

TEL 0853-30-6060

〒693-007
島根県出雲市駅北町5-1

施設の詳細へ
診療予約はお電話下さい

国沢内科医院

国沢内科医院の写真

TEL 0855-53-0324

〒695-0021
島根県江津市都野津町1972-1

施設の詳細へ
診療予約はお電話下さい

このページの先頭へ