医療法人社団 爽治会(そうじかい)

ノンステロイド中医薬アトピー皮膚炎治療(自由診療)

イワサキクリニック大阪・イワサキクリニック東京・出雲医院・国沢内科医院

赤ちゃんの湿疹に悩まされているお母さん方へ

生後すぐにできる湿疹の多くが乳児湿疹です。
その後、赤ちゃんの時期にできる湿疹は、
脂漏性湿疹なのかアトピーなのか鑑別が難しいです。
市販のお薬や民間療法、病院でもらったお薬の乱用などで
どんどん悪化しているケースも少なくありません。

爽治会の中医薬は、生後すぐから使用でき、乳児湿疹、脂漏性湿疹、
アトピー性皮膚炎の、どの症状でも使用可能です。
必要に応じて内服薬を併用する場合もありますが、
基本的には外用薬のみの治療を行います。

赤ちゃんは、新陳代謝が活発なので、
比較的早めの効果が期待できます。(個人差があります)
なるべく軽症のうちに治療しておくと、経費も時間もかかりません。

アトピー性皮膚炎の場合は、痒みが強く、
赤ちゃんもお母さんも眠れない日々が続き、とっても辛いと思います。

赤ちゃんの健やかな成長のために・・・『寝る子は育つ』

食物アレルギー

現代では、食物アレルギーのお子さんをよく見かけます。

食べるものに制限がかかり、
お母さんやお子さんを預かる保育園や学校も大変な努力が必要となります。
食物アレルギーの原因となる代表的な食物は
『牛乳』『卵』『小麦』。
その他にも重度のアナフィラキシー※症状を
引き起こす恐れが高い『そば』。

最近では『果物』などでもアレルギー症状がでることも知られています。
その症状が軽症であれば、年齢とともに自然によくなるのを
待つことができるのですが、中等症以上になると、
口にすることも難しくなっていきます。

そして、食物アレルギー反応がでる食物の品目が多いと除去するのも大変。

お子さんの成長に影響がでないとも言い切れません。
爽治会中医薬(内服薬)は、服用していると、
アレルギー数値をだんだん下げていく効果がありますので、
原因となる食物を口にしても
アレルギー反応を起こしにくくする効果が期待できますが、
個人差が大きく、アトピー治療に比べて治療効果を感じられない方も
中にはいらっしゃいます。

食物アレルギー

※ アナフィラキシー

いろいろな種類のアレルギー症状が短期間であらわれる状態。
気分不快、腹痛、嘔吐、動悸、湿疹、じんま疹、冷汗、
血圧低下、意識障害、呼吸困難、などがあります。
呼吸困難になり窒息症状になると生命にもかかわります。

爽治会 各施設のご案内

イワサキクリニック大阪

イワサキクリニック大阪の写真

TEL 06-6201-2525

〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町2-2-2

施設の詳細へ
診察予約はこちら

イワサキクリニック東京

イワサキクリニック東京の写真

TEL 03-3256-0055

〒101-0044
東京都千代田区鍛冶町2丁目9-5
東園ビル3F

施設の詳細へ
診察予約はこちら

出雲医院

出雲医院の写真

TEL 0853-30-6060

〒693-007
島根県出雲市駅北町5-1

施設の詳細へ
診療予約はお電話下さい

国沢内科医院

国沢内科医院の写真

TEL 0855-53-0324

〒695-0021
島根県江津市都野津町1972-1

施設の詳細へ
診療予約はお電話下さい

このページの先頭へ