医療法人社団 爽治会(そうじかい)

ノンステロイド中医薬アトピー皮膚炎治療(自由診療)

イワサキクリニック大阪・イワサキクリニック東京・出雲医院・国沢内科医院

爽治会便り

« 2013年09月 | メイン | 2013年11月 »

くにさわ通信10/25(金)

〈11月臨時休診のお知らせ〉

11月9日(土)、院長の出張の為、休診させていただきます。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い致します。

2013年10月25日 | 記事ページ

台風による診察への影響

台風27号、28号が日本に接近しております。

接近、直撃した地方は、交通機関遅延、運行中止が予想され、

診察に支障をきたす可能性が考えられます。

各クリニック(特に東京、大阪)に診察予定の方は

出発前か前日に念のため電話確認してからおでかけいただくと確実かと思います。

大変ご迷惑おかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

2013年10月22日 | 記事ページ

涙活(るいかつ)

就活、婚活・・・涙活
何でも活をつければいいのかな???(笑)
ただ、涙活は就活や婚活と少し意味合いが違うようです。
涙活は、感動の涙を積極的に流してストレス発散しようという活動。
(私なりの解釈。違ってたらごめんなさい)
感動の涙を流しているときは、副交感神経が優位になり
すごーくリラックスするらしいのです。
確かに、泣いた後って眠くなるような・・・そして次の日、目が腫れる(T_T)
芸術の秋ということで、感動する映画など見て涙活してみましょう!
余談ですが、年齢を重ねると涙腺が弱くなるといいますが・・・
大人になるとストレスが満タンになりやすくなり、
人間の防衛本能で知らず知らずに涙活している?と思うのは私だけ?
頑張れ大人!!!

2013年10月17日 | 記事ページ

おおさか通信(10/16・水)

<本日午後診察のお知らせ>

午後の診察は通常通りに行います。
ご迷惑おかけ致しました。

イワサキクリニック大阪

2013年10月16日 | 記事ページ

<本日10月16日(水)午前休診のお知らせ>

台風26号による交通機関遅延により担当医師到着が遅れております。
その為、本日の午前の診察は休診とさせて頂きます。

なお、午後の診察も到着時間不明となっておりますので、
午後からの診察ご希望の方は一度お問い合わせの上、お越し下さい。

ご迷惑おかけいたします。
よろしくお願い致します。

イワサキクリニック大阪

2013年10月16日 | 記事ページ

とうきょう通信10/15(火)

『あき』

10月に入ってからも台風などの影響を受けて

真夏のような暑さが各地で記録され、東京でも

1875年の観測開始以来最も遅い真夏日が12日に

記録されました。この暑さで、桜(ソメイヨシノ)が開花した所も

あったようです(^^;)

寒暖の差が激しいからかクリニックにも『風邪ひいちゃって。。。』と

お話をされたり、ご予約を変更されるお電話が増えているように感じます。

寒さ対策に羽織るものを持ち歩いたり、手洗い、うがい、保湿などをしっかりして

元気に、過ごしやすい秋の季節を楽しみたいですね!

                                             向後

2013年10月15日 | 記事ページ

ステロイド(副腎皮質ホルモン)外用薬ついて

ステロイドは湿疹、痒みに使用されます。
上手に使えば、素晴らしい効果が期待できます。
その効果を有効に利用するためにも、
ステロイドの性質や効果や副作用など知っておいてください。

ステロイドの強さは5段階に分けられます。
1)ウィーク(弱いステロイド)
2)ミディアム(穏やかなステロイド)
3)ストロング(強いステロイド)
4)ベリーストロング(非常に強いステロイド)
5)ストロンゲスト(最も強いステロイド)

ステロイドは体の部位によって体内への吸収率が違うので
皮膚が厚くて吸収しにくい場所には比較的強いステロイドが処方され、
皮膚が薄い場所には弱いステロイドが処方されます。

1日の使用量使用回数に制限があります。
自己判断により乱用すると副作用の原因となります。
かゆいからと用法用量を無視した使用は絶対避けてください。

長期使用するとだんだん効いてないように思い
自己判断で止めてしまうとかゆみや湿疹が悪化します。

ステロイドをよく知って上手に使用してくださいね。

爽治会の治療薬にはステロイドは使用されてません。
爽治会の治療とステロイド治療の違いは、
↓ホームページをご覧ください。
http://www.soujikai.jp/about/steroid.html

2013年10月11日 | 記事ページ

« 2013年09月 | メイン | 2013年11月 »

このページの先頭へ